ここから本文です

オペラ「トスカ」高らかに 宮崎国際音楽祭フィナーレ

宮崎日日新聞 5月16日(月)11時36分配信

 第21回宮崎国際音楽祭(宮崎県、県立芸術劇場主催)の最終公演「プッチーニの世界『歌に生き、愛に生き』」は15日、宮崎市のメディキット県民文化センター・アイザックスターンホールで開かれた。国際的に活躍するシューイン・リーさん(ソプラノ)や福井敬さん(テノール)らが、プッチーニの悲恋を描いたオペラ「トスカ」を、高らかに歌い上げ、フィナーレを華やかに締めくくった。

宮崎日日新聞

最終更新:5月16日(月)11時36分

宮崎日日新聞