ここから本文です

欧州クラブ王者はサラセンズ! ラシン下し念願の初優勝!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月16日(月)8時22分配信

 欧州最強クラブを決めるヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップの決勝が、現地時間14日にフランスのグラン・スタッド・ドゥ・リヨンでおこなわれ、サラセンズ(イングランド)がラシン92(フランス)を21-9で下して念願の初優勝を遂げた。イングランドのクラブが欧州チャンピオンになるのは9季ぶりで、サラセンズは2年前の決勝で敗れた悔しさを晴らした。

紙一重ドローの舞台裏。サンウルブズの献身とストーマーズの「幸運」

 両チームともディフェンスが堅く、トライは生まれなかった。ラシンのキッカーを務めたCTBヨハン・フーセンも堅実な働きをしたが、サラセンズはテリトリー獲得とパワーベースのスタイルでプレッシャーをかけ続けてPGチャンスを多く得、SOオーウェン・ファレルが7本のショットをすべて決めて勝利を引き寄せた。

 初のファイナル進出となったラシンは欧州最高と称されるハーフ団を擁していたが、前半21分にSHマクシム・マシュノーがタックルへ行った際に頭を強打して交代し、ふくらはぎに不安を抱えていたSOダン・カーターも後半早々に退き、プレーメーカーを失ったのは痛かった。

 マン・オブ・ザマッチには、今年イングランド代表デビューを果たし、サラセンズ屈指のハードワーカーぶりをこの試合でも発揮した21歳のLOマロ・イトジェが選ばれた。

最終更新:5月16日(月)8時22分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)