ここから本文です

奈良くるみは1回戦で予選勝者に敗退 [ストラスブール/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月15日(日)23時58分配信

「ストラスブール国際」(フランス・ストラスブール/5月15~21日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、奈良くるみ(安藤証券)は予選勝者のジル ベレン・ティヒマン(スイス)に6-2 5-7 1-6で敗れた。試合時間は2時間8分。

奈良くるみが元女王ビーナスから大金星 [BNPパリバ・オープン]

 奈良は今大会には初出場。ティヒマンとは今回が初対戦だった。

 ティヒマンは2回戦で、第10シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)とキルステン・フリプケンス(ベルギー)の勝者と対戦する。

 奈良はアリソン・リスク(アメリカ)とのコンビでダブルスにも出場しており、初戦の対戦相手はニコール・メリチャー(アメリカ)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)となっている。

 ストラスブール国際はWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

     ◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位(シングルス)】
サラ・エラーニ(イタリア)[1]
スローン・スティーブンス(アメリカ)[2]
サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[3]
クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)[4]

※[ ]数字はシード順位

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5月15日(日)23時58分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。