ここから本文です

日比野菜緒の複はロシアペアに敗退 [ニュルンベルク/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月16日(月)7時30分配信

「ニュルンベルガー保険カップ」(ドイツ・ニュルンベルク/5月15~21日/賞金総額25万ユーロ/クレーコート)のダブルス1回戦で、日比野菜緒(フリー)/ラウラ・ピゴッシ(ブラジル)はナテラ・ザラミズ/Veronika KUDERMETOVA(ともにロシア)に2-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間5分。

 ザラミズ/KUDERMETOVAは準々決勝で、第2シードのオクサーナ・カラシニコワ(グルジア)/タチアナ・マリア(ドイツ)とValentyna IVAKHNENKO/マリーナ・メリニコバ(ともにロシア)の勝者と対戦する。

 この大会のシングルスには土居美咲(ミキハウス)と日比野が、ダブルスには青山修子(近藤乳業)がレナタ・ボラコバ(チェコ)とのコンビで出場。1回戦の対戦相手は、第6シードの土居がベサニー・マテック サンズ(アメリカ)、日比野がクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)、青山/ボラコバは第3シードのラルカ・オラル(ルーマニア)/ステファニー・ボグット(リヒテンシュタイン)となっている。

 ニュルンベルガー保険カップはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

     ◇   ◇   ◇

【上位出場選手シード順位(シングルス)】
ロベルタ・ビンチ(イタリア)[1]
ラウラ・シグムンド(ドイツ)[2]
アニカ・ベック(ドイツ)[3]
レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)[4]

※[ ]数字はシード順位

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5月16日(月)7時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。