ここから本文です

イブラの後釜は68億円の価値がある20歳? PSGはすでに選手側と接触か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)0時20分配信

今後は彼がパリを熱狂させる?

去る者の話題が終われば、次は“やってくる人間”の話だ。今季限りでのスーパーエース退団を発表したフランス王者パリ・サンジェルマンが、プレミアリーグに参戦したばかりの若武者を狙っている。

泣いても笑ってもズラタン・イブラヒモビッチは今後、彼らのために超人的なゴールを決めることはない。欧州での地位向上をスローガンとするPSGにとって、その大きな穴を埋めるのは至難の業だろうが、彼らはすでに目星をつけているのかもしれない。仏『レキップ』によると昨夏にモナコからマンチェスター・ユナイテッドへ鳴り物入りで加入したアントニー・マルシャルの獲得を画策しているという。十代の選手としては史上最高額となる約68億円もの移籍金でイングランド参戦を果たしたマルシャルだったが、大きなプレッシャーに潰されることなく、安定したプレイを披露。素早い身のこなしとターン、そして冷静なフィニッシュのスキルは多くのサポーターを驚かせている。同メディアによるとすでにPSGはマルシャル側と接触を図っており、ローラン・ブラン監督はこの若手フランス人を左サイドのウィンガーとして起用することを検討しているようだ。

来季は攻撃ユニットに大きな変化がみられることになりそうなPSGだが、偉大なスウェーデン人に代わる新たなヒーローは誕生するだろうか。彼らのヨーロッパにおける奮闘に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月16日(月)0時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]