ここから本文です

元豪州代表ジョージ・スミスがサントリー復帰! リアリーファノも獲得

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月16日(月)21時52分配信

 かつてジャパンラグビートップリーグで2回MVPに輝き、サントリーサンゴリアスに黄金期を築いたオーストラリア代表111キャプ保持者のFLジョージ・スミスが、同クラブに復帰することが16日に公式発表された。
 2011年から3季、日本で活躍したあと、フランスのリヨンに移籍したジョージ・スミス。35歳になった現在はイングランドのワスプスでプレーしており、プレミアシップの準決勝(5月21日)進出に大きく貢献し、今週水曜日に選手協会(RPA)表彰の年間最優秀選手賞を受賞したばかり。ブランビーズ、オーストラリア代表、そして初加入のサントリー時代から強い信頼関係にある名将エディー・ジョーンズが、現在指揮するイングランド代表のブレイクダウンの特別指導を依頼したほどで、いまなお世界最高峰のバックローワーだ。

日体大ラグビー部女子、新風吹かす。太陽生命ウィメンズシリーズ秋田大会でV

「サントリーサンゴリアスへ戻ることはとても楽しみであり、またとても誇りに思います」とコメントしたビッグスター。「私はこの2年、ヨーロッパラグビーのリヨンとワスプスでとても価値のある経験ができました。そしてまだ、自分がラグビー選手として成長することができると感じたシーズンでした。今回、サントリーサンゴリアスに戻りプレーすることも、きっと選手として成長させてくれることと信じています」と日本ラグビー界復帰への意気込みを語った。

 昨季トップリーグではチーム史上ワーストの9位だったサントリー。4季ぶりの王座奪還へ向けジョージ・スミス以外にも選手補強し、ブランビーズに所属しているオーストラリア代表16キャップのSO/CTBクリスチャン・リアリーファノも獲得。さらに、マオリ・オールブラックスのLO/FLジョー・ウィーラー(ハイランダーズ)、2013年度にコカ・コーラでプレーしたCTB/WTBナイジェル・アーウォン(ブランビーズ)、オタゴにいたFLソロモン・ティーポレもサンゴリアスの一員となる。

最終更新:5月16日(月)21時52分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]