ここから本文です

蜷川実花氏、父・幸雄さんの通夜の参列者に感謝「とてつもない愛情に包まれた人生だった」

トレンドニュース(GYAO) 5月16日(月)15時52分配信

写真家で映画監督の蜷川実花氏が、5月12日に80歳で亡くなった父で演出家の蜷川幸雄さんの通夜を終えて、参列者に感謝を述べた。

蜷川幸雄さんが遺した若者へのコトバ>>

蜷川幸雄さんの通夜は5月15日、東京都港区の青山葬儀所で行われた。SMAPの木村拓哉に女優の宮沢りえ、俳優の藤原竜也たちとそうそうたる顔ぶれが集まり、ファンも含め約1600人が参列した。

蜷川氏は翌16日にブログで、「昨日は父のお通夜に、本当に沢山の方が来てくださいました」と報告。「とてつもない愛情に包まれた人生だったのだなと、幸せな気持ちになることができました。みなさまありがとうございます」と感謝した。なお同日には通夜と同じく青山葬儀所で告別式が営まれる。蜷川氏は「朝イチばんで撮影してから告別式へ。亡くなった時も撮影、今日も撮影、明日も撮影。うんうん、頑張ろうっと」とつづっている。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:5月16日(月)15時52分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。