ここから本文です

ミニ花束 人気 画像投稿サイトで“拡散”

日本農業新聞 5月16日(月)12時30分配信

 ワンコイン(500円)で買えるミニブーケが人気だ。背景にあるのは、インターネット交流サイト(SNS)やインスタグラムなどの画像投稿アプリの普及だ。専門家は「手軽に、おしゃれに飾った花を投稿する女性が増えているため」と人気の理由を分析する。

 東京都新宿区にある生花店「BON MARCHE(ボンマルシェ)新宿店」の人気商品は500円のミニブーケだ。使う花は、15センチほどのバラやスカビオサ、ハーブ類など。仕入れ担当者は「買いやすく、(花の)ファン作りのとっかかりになる商品」と話す。

 青山フラワーマーケットは、男性客の増加を実感する。「ライフスタイルブーケ」とし、飾る場所に対応して378円、540円など手頃な価格に設定。同店を運営する、パーク・コーポレーションは「入り口に置いてあるミニブーケをきっかけに生花店を訪れる人が増えた」と話す。

 『ワンコインでできるはじめての花の飾り方』を執筆した藤岡信代さんは「SNSなどを使った、おしゃれに花を飾る方法を共有しようとする人が増えている」と指摘する。

日本農業新聞

最終更新:5月16日(月)14時30分

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]