ここから本文です

有吉弘行、舛添要一都知事にあだ名命名「ハゲ暴れ牛」

トレンドニュース(GYAO) 5月16日(月)17時15分配信

お笑いタレントの有吉弘行が、久々にあだ名を命名。お相手は、政治資金の公私混同問題などで批判されている舛添要一東京都知事で、「ハゲ暴れ牛」と名付けた。

有吉は5月15日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)で、近頃の話題を取り上げるなかで「舛添が……」と舛添都知事を呼び捨てにした。アシスタントを務めるお笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋に「呼び捨てにしましたね」とツッコまれると、有吉は「公僕だからね! われわれのしもべですから、都知事なんてものは」とうそぶいた。

さらに有吉は「暴れ牛でしたっけ? ハゲ暴れ牛こと舛添ですよ」と舛添都知事に“ハゲ暴れ牛”というあだ名を命名。その後も共演者やスタッフに「なんだ舛添みたいな顔をして」「舛添みたいな髪型してんじゃん」と声をかけて、舛添都知事をネタにしまくった。

以前ほどはあだ名命名ネタを披露しなくなった有吉だが、近年の新作には、内定取り消し騒動で話題になった日本テレビの笹崎里菜アナウンサーへの「はれもの」、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳への「性病キツネ」といったものがある。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:5月16日(月)19時20分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。