ここから本文です

【MLB】MLBで大乱闘が発生 右パンチが顔面“クリーンヒット”、1試合で計8人が退場

Full-Count 5月16日(月)9時53分配信

バティスタのスライディングめぐり両軍入り乱れての大乱闘に

 15日(日本時間16日)にレンジャーズの本拠地で行われたブルージェイズ戦で、大乱闘が起こった。

 8回のブルージェイズの攻撃、まずは中継ぎ右腕ブッシュが96マイル(約155キロ)の速球を先頭の主砲バティスタの左腕に当てた。不穏な空気が流れ、球審はすぐに両チームのダッグアウトに警告。そして、1アウト後のスモークの打席で事件は起きた。

 スモークは左腕ディークマンの前に三ゴロ。ベルトレが打球を処理し、二塁のオドールに送球。ダブルプレーコースだったが、バティスタの激しいタックルを受けたオドールの送球はライト側に大きく逸れた。

 オドールとバティスタはすぐに睨み合うと、オドルが両手で胸を突き、さらにバティスタの顔面に右ストレートをクリーンヒットされた。バティスタのヘルメットとサングラスが外れるほどの衝撃で、そのまま取っ組み合いに。バティスタはすぐにベルトレに抑えられたが、その瞬間、両チームのベンチ、ブルペンから選手やコーチがダッシュで飛び出し、オドールにブルージェイズの選手が飛びかかろうとするなど、大乱闘に発展した。

 両軍の選手は2分以上に渡ってグラウンド上で揉み合いを続け、興奮したレンジャーズのバニスター監督を巨漢のフィルダーが必死に抑える場面も。また、3回にストライク・ボールの判定に異議を唱え、退場となっていたブルージェイズのギボンズ監督もベンチ裏から飛び出し、乱闘に加わった。ブルージェイズは3回に一塁コーチも退場となっていた。

 このプレーで、ブルージェイズはバティスタ、ジョシュ・ドナルドソン、レンジャーズはオドール、ベンチコーチが退場に。その裏の攻撃では、先頭のフィルダーにブルージェイズのチャベスが初球を当てて死球とし、再びベンチから両チームの選手が飛び出す事態に。今度は、ブルージェイズのベンチコーチ、そしてチャベスが退場処分となった。

 両チームは昨年のプレーオフ地区シリーズで対戦。2勝2敗で迎えた第5戦では、同点で迎えた7回にバティスタが決勝3ランを放ち、豪快にバットを放り投げた場面が大きな話題となっていた。また、メジャーリーグでは今季から二塁ベース上での激しいタックルが禁止されている。

 試合はそのまま7-6でレンジャーズが勝利している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月16日(月)10時26分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]