ここから本文です

相続問題は「一人っ子」でも起きる そこには根深い確執が…

マネーの達人 5月16日(月)5時20分配信

相続実務をやってきて分かってきたことがあります。まず相続は大きく4つのパターンがあります。

相続のパターン

■1. きょうだい間の相続

きょうだい同士は比較をするものです。

分割内容に公平感をもたせることが大切です。

■2. 親と子の相続

先妻の子と後妻の関係は難しいです。遺言が必要です。

■3. 子供のいない方

亡くなった方の配偶者ときょうだいが相続人になるケースが多く、配偶者と夫のきょうだいとうまくいってないのが普通ですので、必ず遺言が必要です。

■4. 親と子が相続人となる場合

例えば父親が亡くなり、母と子が数人いるケース。

一次相続と言いますが一般的にはうまくゆきます。

きょうだいが複数いれば、きょうだい間のバランスでもめることが今までの争族でした。最近の相続で問題になるのは、実は一人っ子の相続です。

一人っ子の場合

例:仲の良かった親子…

良子さんは一人っ子でした。しかも遅くなってからの子でもあり、愛情たっぷりに育ちました。

学生時代まで一度も親に逆らったことがない仲の良い親子でした。仕事も親と同じ職業に就きました。

親子の仲がおかしくなったのは、良子さんが結婚してからのことでした。両親は良子さんが選んだ夫との結婚を反対でした。

しかし二人は燃え上がり駆け落ちの末に結婚しました。当然、夫は良子さんの両親の養子に入りませんでした。

良子さんの父親が亡くなり相続が発生しました。四十九日もすぎ良子さんが相続分割の話を母に切り出したところ問題が発生…

「お前にやる財産はないよ」

と母親が言います。

「お母さんが相続すると相続税が高くなるんだよ」

と良子さんも言い返します。

一体何が問題だったのか?

娘に財産がいくのはいいが、娘の夫にいくのが嫌だ
というのが真相かもしれません。

良子さん曰く、「自分と夫が、仲良く話をしていると機嫌が悪くなる」といいます。

お母さんにしてみれば夫が亡くなり、唯一自分の味方であるはずの娘も、娘の夫に取られてしまったような気持ちになっているのかもしれません。

どちらが良い悪いではありません。相続はお互いが、お互いの気持ちを理解しあえる最大のチャンスなのかもしれません。(執筆者:橋本 玄也)

最終更新:5月16日(月)5時20分

マネーの達人