ここから本文です

世界初、車外から「自動駐車」! BMWの自動駐車機能を初公開

オートックワン 5月16日(月)20時20分配信

気分は「ジェームズ・ボンド」

BMWは「来るべき自動運転技術の応用」というけれど、多くの映画ファンはあのシーンを思い出すに違いない。

新型 BMW 7シリーズ「リモート・パーキング」(自動駐車機能) 画像ギャラリー

1998年に公開されたピアース・ブロスナン主演の映画「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」だ。

イギリスMI6の諜報部員、ジェームズ・ボンドが乗る”ボンドカー”として、当時の最新・最高級モデル、BMW 7シリーズ「750iL」(E38型)が登場するシーン。なんとエリクソンのケータイによる遠隔操作によって、750iLが走り出すのである。

>> BMW 7シリーズ「リモート・パーキング」デモンストレーション画像はこちら

そして時は巡り2016年5月。BMWは7シリーズに「リモート・パーキング」を設定した。車両に備わるスマートキー「BMWディスプレイ・キー」の操作によって、遂に7シリーズが(本当に!)遠隔操作出来るようになったのだ。

BMWディスプレイ・キーで7シリーズを遠隔操作

その名のとおり、「リモート・パーキング」は自動駐車が出来る機能だ。乗り降りしづらい狭い駐車区画へ駐車したいとき、先にクルマから降り、遠隔操作で移動、エンジン停止までを行うことが出来る。

写真でご覧頂くとわかるように、ちょっとした携帯電話くらいのサイズがあるBMWディスプレイ・キーのカラー液晶画面に触れ、前後にクルマを動かすことが出来る。

センサー類には従来から備える車両のPDC(パーク・ディスタンス・コントロール:駐車時等に車両前後の障害を検知する)を活用し、車両側にBMWディスプレイ・キーの受信部を設ける程度の変更で済むため、オプション価格は74,000円(消費税込)で済む。車両本体価格1205万円~の7シリーズからしたら、かなり「安い」オプションだ。

機能はアタマからの駐車にのみ特化

自動運転のテストも進む昨今。技術的にはもっと高度な操作ももちろん可能だろうが、今回のリモート・パーキングは、車両を前進させ、頭から駐車区画に停める(もしくはバックで出す)ことに特化している。リモコンの無線受信部も車両の後ろ側に備わる。走行スピードもわずか時速1.8キロと極低速で、最大でも10m走行すると終了する仕組みになっている。

また写真のデモンストレーションのように、センサーが歩行者や障害物の接近を察知すると自動で停止するなど、安全性には十分に配慮がなされている。ジェームズ・ボンドが操作したかつてのボンドカーは、登場するや敵と派手なカーチェイスをして、あっという間にボロボロにされてしまったが、リモート・パーキングでそんなことはなさそうである。

[レポート:オートックワン編集部]

最終更新:5月16日(月)20時20分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]