ここから本文です

遠隔操作で駐車できる機能、オプションで登場 量産車では初 BMW

乗りものニュース 5月16日(月)16時6分配信

自動運転技術を応用

 BMWは2016年5月16日(月)、新型「BMW 7」シリーズに、車外から遠隔操作することで駐車できる機能「リモート・パーキング」をオプションとして設定し、全国のBMW正規ディーラーにて、同日から販売すると発表しました。希望小売オプション価格は7万4000円(税込)。この機能の量産車への搭載は、BMWによると初といいます。

「リモート・パーキング」の出番は、人の乗り降りが難しい、幅の狭いスペースなどへ駐車するときです。ドライバーはクルマを駐車スペースの前方中央に停めて、車外から「BMWディスプレイ・キー」を操作し、遠隔操作で駐車させることができます。駐車完了後のエンジン停止も「BMWディスプレイ・キー」で操作可能です。

 駐車スペースからクルマを出すときも、ドライバーは車外から「BMW ディスプレイ・キー」でエンジンを始動させ、自動的にクルマをバックさせます。

「リモート・パーキング」の作動時は、フロントやリヤ・バンパーに装着されたPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)のセンサーが常に作動しており、障害物や歩行者の急な飛び込みを検知すると、クルマは自動的に停止します。

 この機能は、BMWグループが2000年から開発を進めている自動運転技術を応用したものです。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月17日(火)12時17分

乗りものニュース