ここから本文です

鉄博の模型鉄道ジオラマ閉鎖へ 「さよなら記念」イベント実施

乗りものニュース 5月16日(月)17時26分配信

「さよなら記念」特別プログラムも開催

 鉄道博物館は2016年5月11日(水)、「模型鉄道ジオラマ」を9月5日(月)から2017年7月中旬頃までのあいだ、閉鎖すると発表しました。これは同館が2018年夏のオープンに向けて進めている全面リニューアルの取り組みに伴うものです。

 ジオラマが閉鎖するまでのあいだ、「模型鉄道ジオラマ」を走る車両の展示や、「さよなら記念」特別プログラムが実施されます。

 ジオラマを走る模型車両の展示は5月14日(土)から7月18日(月・祝)まで実施。学芸員が同館所有のおよそ1400両からよりすぐった車両を間近で見られます。

 5月28日(土)から9月4日(日)の期間には「『さよなら記念』特別プログラム」として「鉄道の1日」「戦後の鉄道史」「貨物列車のひみつ」など、開館以来「模型鉄道ジオラマ」で上演されてきた全15種類のプログラムが、ジオラマで再上演される予定です。

「模型鉄道ジオラマ」は、2007(平成19)年の開館当初から設置されているもので、HOゲージ(約80分の1サイズ)の模型車両がジオラマの中を走行。線路の総延長は1400mにおよび、国内最大級の規模を誇るといいます。

 鉄道博物館はリニューアルに伴い、「模型鉄道ジオラマ」のほか、「てっぱくひろば」や「ラーニングゾーン」についても順次「さよならイベント」を実施し、閉鎖する予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月16日(月)18時19分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]