ここから本文です

ジョーンズ怜音、久保杏夏がU12のチャンピオンに [全国選抜ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 5月16日(月)14時0分配信

「DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会 兼 ワールドジュニアテニス世界大会代表選考会」(千葉県・吉田記念テニス研修センター/5月14~17日/ハードコート)は大会最終日を迎え、14歳以下と12歳以下の男女シングルス決勝などが行われた。

三井駿介とカジュール・オヴィがU14制覇 [DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニア]

 12歳以下の男子シングルス決勝は第3シードのジョーンズ怜音(東海/三重グリーンTC)が第1シードの細川暖生(関東/京王赤城アカデミー)を7-5 6-2で下し、優勝。重要なポイントは第1セットでセットポイントを逃したときと、そのあとにあったという。

「第1セット5-4のセットポイントでいいプレーができたけど、ネットしてデュースになり、相手に取られた。でも、第1セットはどうしても取りたかったので、そこからも頑張って取れました」

 苦労しながらも第1セットを取ったことで、第2セットはより楽に戦えたようだ。

「7-5でセットを取ったときに“これならいける”と気持ちが盛り上がってきました。それで6-2で取れたのだと思います。第2セットでは相手に真ん中からエースを決められ始めたので、左右に振ってみたらうまくいきました」とジョーンズ怜音。戦術面もうまく、はまったようだ。

 12歳以下女子シングルス決勝は、第1シードの久保杏夏(中国/T-Step)が第7シードの早重果波(関東/あじさいインドアTS)を6-2 6-1で下した。

「昨日(第3セットまでもつれた準決勝)より全然よかったです。自分のプレーができて、守りだけでなく、攻めでも強引に前に出るのではなく、少し様子を見てから出るなど工夫できました」と久保は充実の表情を見せた。

 久保は、1回戦敗退だった昨年の大会から大きな変化と成長が、今回の優勝の影にあったようだ。
「昨年の選抜前に米沢徹コーチに代わりました。以前のコーチの下ではスピン系が中心でしたが、そこからフラット系に変えました。それがすごく難しくて、前に出てボレーするのも失敗ばかりでした。自分はロブで相手の高いところを突いて前に出るのが得意なのですが、ほわっと浮く軌道ではなく、相手に打ち込まれないような鋭いボールを打てるようにしたいです」

 そして今後に向けては大きな目標を語ってくれた。
「将来の目標は世界で活躍できる選手です。全小と全日本ジュニアで優勝したいですし、ITFの大会にも出て早くポイントを取りたいです」

(テニスマガジン/編集部◎池田 晋)

最終更新:5月16日(月)14時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。