ここから本文です

Sexy Zone・菊池風磨の父、嵐の「A・RA・SHI」の作詞を担当

MusicVoice 5月16日(月)22時50分配信

 Sexy Zoneの菊池風磨(21)の父親が嵐のデビューシングル「A・RA・SHI」の作詞を担当していたことが明かされた。

 14日放送された、日本テレビ系『嵐にしやがれ』の嵐の大野智(35歳)がD.I.Y.を体験する「大野智の作ってみよう」というコーナーに菊池がゲストとして出演、菊池の父親と嵐の意外な関係が知らされた。

 大野は「ふーちゃん(菊池風磨)のお父さんは嵐の『A・RA・SHI』した方でしょ?」と菊池に確認。菊池は「そうです。最初はあえて事務所に言ってなかったんです。2、3年後にジャニーさん(ジャニーズ事務所社長)が『なに、YOUのパパ作詞してるんだったら言ってよ!』って」と所属事務所社長にも驚かれた過去を明かした。

 菊池風磨の父は、シンガーソングライターの菊池常利でフォークデュオグループLA-LA Deuxの元メンバー。ソロ活動時は愛称のTWUNEを使用。本来はTSUNE表記が正しいが、「SmallよりWorldであれ」という意を込めTWUNEと表記。嵐の「A・RA・SHI」作詞時のみJ&T名義を使用していた。J&Tとは「Johnny's」(ジャニーズ)&「TWUNE」の略であるという。

 視聴者からはツイッターなどで「さすが 風磨パパだなぁ」「風磨のお父さんイケメン」とその華麗な血縁関係を褒めたたえる声も見られた。

最終更新:5月16日(月)22時50分

MusicVoice