ここから本文です

マレー29歳の誕生日に、ジョコビッチを破って初優勝 [ローマ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月16日(月)15時0分配信

 イタリア・ローマで開催された「BNL イタリア国際」(ATP1000/5月8~15日/賞金総額374万8925ユーロ/クレーコート)は15日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)が、ノバック・ジョコビッチ(セルビア)を6-3 6-3で下し、初優勝を遂げた。
 
 この日、29歳になったマレーは、誕生日を最良の形で祝った。
 マレーがジョコビッチに勝ったのは過去14回の対戦でこれが2度目だが、クレー上では初めてのこと。

マレーがジョコビッチを倒して29歳の誕生日を優勝で飾る [BNL イタリア国際]

 表彰式のコート上で、大会にプレゼントされたバースデーケーキのロウソクを拭き消したマレーは、「世界一の選手に勝つというのはいつもビッグなこと。ノバクに勝つには、素晴らしいプレーをしなければならないのは知っている」と喜びを吐露。「歴代優勝者のリストを見ると、本当に歴史的偉人たちが名を連ねている。だからトロフィに自分の名を刻めることを誇りに思う」と話した。

     ◇   ◇   ◇

【歴代優勝者】

2016年 アンディ・マレー(イギリス)
2015年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2014年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2013年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2012年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2011年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2010年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2009年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2008年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2007年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2006年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2005年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2004年 ラファエル・ナダル(スペイン)
2003年 フェリックス・マンティラ(スペイン)
2002年 アンドレ・アガシ(アメリカ)
2001年 フアン カルロス・フェレロ(スペイン)
2000年 マグナス・ノーマン(スウェーデン)
1999年 グスタボ・クエルテン(ブラジル)
1998年 マルセロ・リオス((チリ)
1997年 アレックス・コレチャ(スペイン)
1996年 トーマス・ムスター(オーストリア)
1995年 トーマス・ムスター(オーストリア)
1994年 ピート・サンプラス(アメリカ)
1993年 ジム・クーリエ(アメリカ)
1992年 ジム・クーリエ(アメリカ)
1991年 エミリオ・サンチェス(スペイン)
1990年 トーマス・ムスター(オーストリア)
1989年 アルベルト・マンシーニ(アルゼンチン)
1988年 イワン・レンドル(アメリカ)
1987年 マッツ・ビランデル(スウェーデン)
1986年 イワン・レンドル(アメリカ)
1985年 ヤニック・ノア(フランス)
1984年 アンドレアス・ゴメス(エクアドル)
1983年 ジミー・アリアス(アメリカ)
1982年 アンドレアス・ゴメス(エクアドル)
1981年 ホセ・ルイス・クレルク(アルゼンチン)
1980年 ギレルモ・ビラス(アルゼンチン)
1979年 ビタス・ゲルレイティス(アメリカ)
1978年 ビヨン・ボルグ(スウェーデン)
1977年 ビタス・ゲルレイティス(アメリカ)
1976年 アドリアーノ・パナッタ(イタリア)
1975年 ラウル・ラミレス(メキシコ)
1974年 ビヨン・ボルグ(スウェーデン)
1973年 イリー・ナスターゼ(ルーマニア)
1972年 マヌエル・オランテス(スペイン)
1971年 ロッド・レーバー(オーストラリア)
1970年 イリー・ナスターゼ(ルーマニア)
1969年 ジョン・ニューカム(オーストラリア) 

(テニスマガジン/ライター◎木村かや子、構成◎編集部)

Photo ROME, ITALY - MAY 15: Andy Murray (L) of England holds his trophy as his birthday cake is presented to him after winning the Men's Singles Final match against Novak Djokovic during day eight of The Internazionali BNL d'Italia of ATP Tennis Open at the Foro Italico in Rome, Italy on May 15, 2016. (Photo by Claudio Pasaquazi/Anadolu Agency/Getty Images)

最終更新:5月16日(月)15時0分

THE TENNIS DAILY