ここから本文です

今季のロマニョーリには合格点を与えられるか ロマニョーリ「ミランが僕に支払った額に見合うプレイだったかは……」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)10時40分配信

33試合に出場したロマニョーリ

昨夏2500万ユーロもの移籍金でミランに加入したDFアレッシオ・ロマニョーリは、21歳ながらディフェンスリーダーとして33試合に出場。カルロス・バッカに次いで2番目に長いプレイタイムを記録し、不振に苦しむチームを何とか後方から支えていた。しかし、本人は2500万ユーロの重さに悩むこともあったようだ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、ロマニョーリはまだ自身が移籍金の額に見合うだけのパフォーマンスを見せることができていないと感じており、ミラン特有のプレッシャーがあったとコメントした。

「サポーターは、僕のパフォーマンスがミランの支払った金額に見合うものとは感じていないんじゃないかな。それは1年や2年で満足させられるものではなくて、一生かかるものなんだと思う。ミランでプレイすることは他のクラブよりもプレッシャーがかかるんだ。ユヴェントスと同じでね。だけど、僕は今後もベストを尽くしていきたいし、僕が何をできるのか見せたいと考えているよ」

21歳という年齢を考えても、今季のロマニョーリはミランでも数少ない合格点を与えられる選手だったのではないか。チームの成績は満足できるものではないが、サポーターは2500万ユーロでやってきたイタリア期待の若手DFをどう評価しただろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月16日(月)10時40分

theWORLD(ザ・ワールド)