ここから本文です

ほぼミッションインポッシブル! 総得点46のマンU、最終節を19-0で勝利すればCL出場権獲得へ

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)16時10分配信

来季のCL出場はほぼ不可能に……

可能か不可能かでいえば、ほぼ不可能だろう。オランダ人指揮官ファン・ハール率いるマンチェスター・ユナイテッドにとって、来季のチャンピオンズリーグでプレイすることがかなり困難となってしまった。

ユナイテッドは15日、ホームにボーンマスを迎えてのプレミアリーグ最終節を戦う予定だったが、スタジアム内で不審物が発見されたことでゲームの開催は17日に延期。一方、CL出場圏内である4位の座をユナイテッドと争うマンチェスター・シティは、アウェイでスウォンジーと引き分け勝ち点を66とした。つまり、現段階で勝ち点63のユナイテッドは、得失点差を考慮すると、最終節のボーンマス戦で19-0(19点差)で勝利することができれば、“奇跡的に”来季のチャンピオンズリーグを戦うことが可能となる。

来季以降はファン・ハールに代わって、昨年末までチェルシーを指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督を招聘することが濃厚とされているユナイテッド。このポルトガル人指揮官もまた、赤い悪魔による“ミッション・インポッシブル達成”を願っている1人かもしれない。国内リーグ37試合を終えた段階で46ゴールを挙げるユナイテッドは最終節、一体何点奪うことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月16日(月)16時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]