ここから本文です

奇跡の残留を果たしたスポルディング・ヒホン バルサ監督エンリケ&ビジャが古巣を祝福

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)18時40分配信

今季、首位にもなったビジャレアルから快勝

15日に行われたリーガ・エスパニョーラの最終節でスポルティング・ヒホンは4位ビジャレアルを2-0で撃破した。同じく残留争いを繰り広げていたヘタフェがベティスに2-1で敗れたことから、ヒホンは勝点39で17位に浮上し、奇跡の残留を果たした。

バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は、自身のTwitterにスポルティング・ヒホンのユニフォームを着た写真を投稿し、「素晴らしい日だ。スポルティング・ヒホンおめでとう」と古巣クラブの残留を喜ぶメッセージを送っている。

エンリケ監督はスポルティング・ヒホンがプロデビューを果たした古巣で、子供のころからエル・モリノンで応援していたと明かしている。また、スポルティング・ヒホンの下部組織出身で現在はニューヨーク・シティFCに所属する元スペイン代表ダビド・ビジャも自身のTwitterにコメントを投稿。「スポルティング・ヒホンのことを誇りに思う」と綴り、古巣の1部残留を祝福した。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月16日(月)18時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。