ここから本文です

超高額のレアルDFを求めて“ペップ・ダービー”勃発か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)19時30分配信

チームに不満はなさそうだが……

マンチェスター・シティとバイエルンが同じ選手を求めて争うことになるかもしれない。

それはレアル・マドリードに所属するスペイン代表DFダニエル・カルバハルだ。英『Mirror』が伝えている。24歳という若さながらレアル・マドリードでスタメンとして出場し続ける実力者だけに、クラブは移籍金4500万ポンドからじゃなければ話を聞かないというスタンスを取っているようだ。

サイドバックに様々な役目を負わせるペップと、ラームの後釜が欲しいバイエルン。カルバハルはどちらにとっても譲れない選手であることは明らかである。高額な移籍金が要求されるが、マンチェスター・シティ、バイエルンにとってはさしたる問題にはならないと同紙は伝えている。

カルバハルが所属するレアル・マドリードはバルセロナの前に惜しくもリーグ優勝は逃したが、シーズンの最後に最も大事な試合が控えている。28日のチャンピオンズリーグ決勝だ。カルバハルはアトレティコ・マドリードとの一戦で改めて自身の価値を示すことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月16日(月)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。