ここから本文です

夢だったボカでのプレイは“更衣室でのタバコ”が原因で終了へ 吉田の元同僚オズバルド「5分だけプレイできて最高だった」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)21時10分配信

監督にも悪態か

稀代の問題児として多くのクラブを渡り歩いてきたダニ・オズバルドの流浪は、まだまだ続くことになりそうだ。元イタリア代表のストライカーが、実に不甲斐ない理由で愛していたクラブを追われることとなった。

アルゼンチンのブエノスアイレス出身のオズバルドは、2013年に日本代表DF吉田麻也を擁するサウサンプトンへ加入するも、練習中に同僚ジョゼ・フォンテといざこざを起こし、同選手の目を殴打。結局チームはこの暴君の扱いに苦労し、オズバルドはユヴェントスやインテルへローン移籍を繰り返すと、今年1月に“夢だった”ボカ・ジュニアーズへの完全移籍が決まっていた。しかし彼に安息の日々は訪れない。先日行われたコパ・リベルタドーレスのナシオナル戦で、オズバルドは後半終了間際にピッチへ投入されたことに腹を立て、試合後のロッカールームで喫煙。これを目撃したギジェルモ・スケロット監督がタバコを辞めるよう勧告したが、オズバルドはボスの指示を無視し、激しく罵ったという。英『Mirror』が報じた。その口論の後、オズバルドはテレビのインタビュアーに対し「5分間だけプレイできて最高だったぜ」と発言。当然ながらクラブ側はこの悪態を問題視し、同選手との契約を解除すると同メディアは伝えた。

インテル在籍時には試合中にも関わらず、同僚のマウロ・イカルディと口論になるなど、これまで多くの問題を引き起こしてきたオズバルド。長年の憧れだったボカ・ジュニアーズとの関係は、あっという間に崩壊してしまうことになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月16日(月)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。