ここから本文です

指揮官が絶賛した長友、キャプテンやレジェンドからも称賛の嵐「最高の仲間だ」「偉大な家族の仲間入りをした」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)22時0分配信

プロ意識が高く、全力を尽くす

インテルの指揮官を務めるロベルト・マンチーニに「ビッグクラブで長くプレイする価値のある選手」と絶賛された日本代表DF長友佑都が、同クラブのキャプテンであるマウロ・イカルディと現在副会長を務めるハビエル・サネッティからも称賛された。

同クラブの公式サイトによると、イカルディは「ユウトは最高の仲間だよ。チームのためならば自己犠牲をいとわないし、常に全力を尽くして戦う。ピッチの外でもチームメイトと仲が良いし、中にはリラックスするために一緒にジムへ行ってヨガをする選手もいるんだ」と述べ、長友がインテルには欠かせない存在であることを明かした。

そして2011年から2014年までインテルでともにプレイしたサネッティは「彼には謙虚さとプロ意識があり、我々の偉大な家族の仲間入りを果たしたよ。彼はとても寛大でチームが必要としている時に常に準備が出来ているんだ」と話し、長友のプロ意識の高さを称賛した。

まもなくインテルに加入してからまる5年を迎える長友は最古参であり、クラブの顔になりつつある。そのため、もしかしたら近いうちにキャプテンとしてインテルを引っ張る長友の姿を見ることができるかも知れない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月16日(月)22時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。