ここから本文です

バーディ、マフレズ以外にも得点源が欲しい ラニエリ監督が今季11ゴールのMFに目をつける

theWORLD(ザ・ワールド) 5月16日(月)23時0分配信

1500万ポンドを準備か

レスターがスウォンジーに所属するMFギルフィ・シグルズソンの獲得を考えているようだ。

今季プレミアリーグ初優勝を果たしたレスターだが、得点源に関してはバーディとマフレズに頼っているのが現状だ。そのため、チームを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は得点力のあるMFとしてシグルズソンに目をつけたと英『THE Sun』によって伝えられている。

シグルズソンは中盤の選手ながら今季は37試合で11ゴールを挙げている。また、直接フリーキックも得意としており、レスターは得点パターン増加を期待していることだろう。

スウォンジーを率いるフランチェスコ・グイドリン監督も「ギルフィにはいくつかのクラブが興味を示している」と話しており、移籍の噂はあとを絶たない。シグルズソンとクラブとの契約はまだ2年残しているが、レスターは1500万ポンドでのオファーを考えており、スウォンジーも話を聞く可能性はありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月16日(月)23時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。