ここから本文です

三世代まるごと、枚方T-SITEの活用術

Lmaga.jp 5月16日(月)22時0分配信

三世代が使える複合施設として5月16日にオープンした「枚方T-SITE」(大阪府枚方市)。大阪と京都へのアクセスもほどよく、ベッドタウンとも呼ばれる京阪本線・枚方市駅という立地を生かした展開に。子育てする主婦から、仕事や学校帰りの人々も満喫できる店舗が揃っている。

ワインバーで、和食も展開

ママ世代にうれしい「子どもと学び」エリア

「遊び」から子どもたちの成長を目指す「ボーネルンド」が初の試みとして、1フロア全体をプロデュース。フロア内で本を読んだり、遊んだり、子どもたちが自由に行動できるようイメージしたのは『新しい公園』だ。乳幼児、幼稚園、小学生とさまざまな層に対応できるよう、絵本や児童書を中心に据え、エリアごとに遊具やショップを配置。

例えば、乳幼児向けのコーナーには0~3歳児にむけた遊び場「ボーネルンド トット・ガーデン」(要利用料金)やベビーギフトに特化した「ボーネルンド ベビーストア」、離乳食などにも対応できるよう自由に使えるテーブル席も。乳幼児を持つ母親は、社会との接点を持つ機会が少ないため、母親同士が親交を深めやすいような空間造りを目指しているそうだ。ほかにもキッズ用のセレクトショップ、幼児から大人までを対応する「英会話イーオン」、記念日はもちろんナチュラルに遊ぶ姿も撮影する、写真スタジオ「サラハウス」など、幅広いママ世代に向けて展開している。

お酒の楽しみも提案するショップが点在

営業時間は25時までと、深夜でも本の購入、レンタルができるのは「TSUTAYA」だからこそ。また、3階の「スターバックスコーヒー」も25時まで利用が可能。ワイン好きであれば、お薦めしたいのは、レストランで一番遅くまで営業している「フジマル食堂」(25時閉店、ドリンクは23時半までオーダー可)。ワインショップからスタートし今や関西では5店舗も展開、ワインの醸造所まで運営する人気店だ。

こちらの新店舗には、イタリアンやフレンチも展開するが、「普段の食卓」感覚でもワインを楽しめるように、和食メニューも展開。シニアソムリエであり店主の藤丸さんは「毎日でも食べられるようなもの、と言えばやはり和食かなと。気軽にワインという感覚で利用していただければ」と、小鉢メニューも充実。家でも楽しめるようにワインの販売も行う。

ほかにも8階にはテラスでBBQも楽しめる「MEAL TOGETHER ROOF TERRACE」(23時閉店、ドリンクは22時半までオーダー可)などを始め3軒レストランがあるのだが、実はバースペースも準備されている。当面は夜のみの営業予定とのことだが、イベントを展開したり、お客のリクエストによって活用法を考えていきたいそう。

今夏には、デパ地下的存在「T-SITE FOOD MARKET」もオープン予定。どのように枚方市民が活用していくのか楽しみにしたい。

最終更新:5月17日(火)21時40分

Lmaga.jp