ここから本文です

ジェームズ・マカヴォイが女優の妻と離婚へ 『X‐MEN』共演者と熱愛か

クランクイン! 5月16日(月)11時40分配信

 『X‐MEN』シリーズのチャールズ・エグゼビア役やダニー・ボイル監督映画『トランス』などで知られる俳優ジェームズ・マカヴォイが、結婚10周年を前に映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』の女優アンヌ=マリー・ダフと離婚することが明らかになった。Us WeeklyやMirrorなどの海外メディアが伝えた。

【関連】「ジェームズ・マカヴォイ」フォトギャラリー


 ジェームズとアンヌ=マリーは共同声明を発表し、「非常に悲しいことですが私達は離婚する決断に至りました。私達はこれからもお互いへの友情、愛、尊敬を持ち、2人で息子を大事に育てながら次の人生の段階へと進みます。この時期に私達、そして何よりも私達の息子のプライバシーを尊重するようお願い致します」と語ったという。

 ジェームズとアンヌ=マリーは英コメディドラマ『Shameless(原題)』での共演をきっかけに知り合い、交際に発展。2006年10月に結婚し、現在5歳になる息子ブレンダンが2010年に誕生した。

 離婚を発表する数時間前に自宅の前で2人でいるところを目撃されたジェームズとアンヌ=マリーだが、英Mirrorはジェームズが、8月日本公開予定の映画『X‐MEN:アポカリプス』で共演した女優アレクサンドラ・シップと急接近していると伝えた。「2人が仲良くなっているのは一目瞭然でした。ジェームズはキャストとクルーに結婚が破綻していることを明らかにしていました。以来、アレックスとは友情を深めているようです。関係者の間では話題になっていましたが、2人は関係が目立たないようにしていました」と、情報筋が語っているという。

最終更新:5月16日(月)11時40分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。