ここから本文です

オアシス、制作中のドキュメンタリーのタイトルが『Supersonic』に決定

RO69(アールオーロック) 5月16日(月)11時9分配信

現在制作中のオアシスのバンド・ドキュメンタリーのタイトルが『Supersonic』に決まった。

当初は『Oasis-The Rock 'N' Roll Band That Defined A Generation』になると伝えられていた同作のタイトルだが、最終的にオアシスのデビュー・シングルから採った『Supersonic』が採用されたという。

作品は今年のアカデミー賞のドキュメンタリー長編賞にも輝いた『AMY エイミー』を製作したプロデューサーのジェームズ・ゲイ=リースとアジフ・カパディア監督らがタッグを再び組んで取り組まれている。ただ、今回はカパディアはエグゼクティブ監督としてあたっていて、監督はザ・ストーン・ローゼズの伝説のスパイク・アイランドでのライヴに詰めかけたファンの少年たちの青春群像を描いた『Spike Island』のマット・ホワイトクロスが務めている。同作は10月に本国英国で公開される見通しとなっている。

製作陣に対してはバンド側との接触や未公開映像などの無制限な吟味などが許されていて、リアムやノエル・ギャラガーらとの取材も行われることになっており「楽しい思い出や自分たちの意見などをインタヴューで提供していく」ことになるという。

映画の最初のカットを観たというリアムは次のようにツイッターで報告している。

「オアシス映画の最初のカットを観たところだけどこれは聖典だ。俺のロックンロールはどこへ行っちまったんだろう リアムxx」

リアムのツイートはこちらから。
Just seen the 1st cut of the OASIS film BIBLICAL what ever happened to my ROCKNROLL LG x— Liam Gallagher (@liamgallagher) 2016年5月5日

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月16日(月)11時9分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。