ここから本文です

初の真夏日 金沢市で31・3度

北國新聞社 5月16日(月)16時35分配信

 16日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ、南から暖かい空気が流れ込み、正午までの最高気温は金沢31・3度、小松31・0度、かほく30・0度を記録して今年初めての真夏日を観測した。金沢、小松、かほく、輪島29・7度、七尾29・5度、輪島市三井27・6度、志賀25・7度の7カ所は各地点の今年最高となった。

 JR金沢駅兼六園口(東口)では、日差しが照り付ける中、噴水が勢い良く水しぶきを上げ、観光客は涼しげな様子を楽しんだ。県や各消防局・消防本部は熱中症に注意を呼び掛けている。

北國新聞社

最終更新:5月16日(月)16時35分

北國新聞社