ここから本文です

茨城で震度5弱 会見(16日、全文2/完・質疑応答1)大震災の余震ではない

THE PAGE 5月17日(火)12時50分配信 (有料記事)

警戒のポイントと余震の頻度などについて

朝日新聞:幹事社の朝日新聞からいくつか質問させてください。まず今回の地震はプレート型ということなんですけども、過去にも似たような地震がいくつかあるということで、今後はどういったところを警戒というか、今後も4程度ということなんですけども、今後も余震が頻繁に起こるとかそういう可能性があるんですか。

青木:過去の事例から考えると最大震度4程度の余震に注意といったようなことかと思います。

朝日新聞:震度5弱を観測した辺りは、ここはやっぱ地盤が、1個だけ震度5弱というのは何か。

青木:震度5弱といっても計測震度4.5で5弱ぎりぎりです。周りの震度4のところも計測震度4.4というのもいくつか観測点ありますので、そんなに大きな揺れの違いはありません。

朝日新聞:今回の地震はこれまでの東日本とか、そういうものの余震とかそういう可能性とかはまったくない?

青木:ここの場所はご覧になったように通常から地震活動のある領域ですので、関東地方の中では比較的地震のあるところというふうに考えております。

朝日新聞:幹事社からは以上です。

NHK:NHKのミヤカワです。関東ではマグニチュード7クラスの首都直下地震っていうのが想定されていると思うんですけれども、あらためてそれとの関連についてであったり、今後の備えについて教えてください。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:6,193文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5月17日(火)12時50分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]