ここから本文です

BMW7シリーズにもプラグイン・ハイブリッドを導入へ

エコノミックニュース 5月17日(火)8時23分配信

 ビー・エム・ダブリューは、日本メーカー、インポーターにおいて、国内最多となる4モデルのプラグイン・ハイブリッド・モデルを市場導入し、販売を実施しているが、本年秋には、BMWのフラッグシップ・モデル「BMW7シリーズ」のプラグイン・ハイブリッド・モデルを導入予定であることを発表した。

 BMWグループは、経営方針である「持続可能なモビリティの実現」のため、走行性能と省エネルギーの両立を目指した「BMW EfficientDynamics」という技術戦略を早くから採用し、欧州においてCO2削減の自主規制を達成する唯一のメーカーになるなど成果を上げてきている。

 2013年には、BMWのサブ・ブランド「BMW i」から、電気自動車「BMW i3」およびプラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カー「BMW i8」を発表している。

 BMW iの製品やサービスは、量販車初のCFRP炭素繊維ボディ採用など、革新的な技術、専用設計、開発、企画、生産、販売を採用し、持続可能なプレミアム・モビリティを実現している。

 15年12月には、BMW iに初搭載された電動化技術「eDrive」を採用したプラグイン・ハイブリッド・モデル「BMW X5 xDrive40e」を導入し、16年3月には、BMWの量販モデルのプラグイン・ハイブリッド・モデル「BMW330e」と「BMW 225xeアクティブ ツアラー」を導入した。

 今年秋にはBMWのフラッグシップ・モデルである「BMW 7シリーズ」にプラグイン・ハイブリッド・モデルを追加し、その後、順次モデルを拡充する予定だ。将来的にはBMWグループの全ての中核モデルにプラグイン・ハイブリッド・モデルを導入予定である。

 電動化技術「eDrive」を搭載したBMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルは、ゼロ・エミッション走行による優れた環境性能だけでなく卓越した運動性能を両立し、BMWならではの「駆けぬける歓び」を実現している。

 また、クリーン・ディーゼル・モデル同様に、プラグイン・ハイブリッド・モデルにも戦略的な価格設定を実施し、量販価格帯に導入し、より多くの顧客にBMWのプラグイン・ハイブリッド・モデルを提供することにより、CO2排出量の低減に貢献、BMWグループの経営方針である「持続可能なモビリティの実現」を目指している。(編集担当:久保田雄城)

Economic News

最終更新:5月17日(火)8時23分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]