ここから本文です

映画『ONE PIECE』最新作の主題歌はGLIM SPANKY!

Movie Walker 5月17日(火)8時0分配信

コミックスの累計発行部数は世界で3億2000万部を突破し、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されている「ONE PIECE」。原作者の尾田栄一郎が総合プロデュースを務め、入場者プレゼントとして単行本777巻が配布されることでも話題を呼んでいる劇場版最新作『ONE PIECE FILM GOLD』(7月23日公開)の劇場版の予告編がついに解禁となった。

【写真を見る】『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌をGLIM SPANKYが担当!

主人公ルフィ率いる麦わら一味はもちろん、今作のギルド・テゾーロら今回の劇場版のキャラクターも登場。“ギア4”のルフィのアクションシーンも一部見ることができ、期待値はますます上がるばかり!

そして、本作のエンディングを彩る主題歌アーティストに抜擢されたのは、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女2人組のロックユニット“GLIM SPANKY”。尾田栄一郎は彼らについて、「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました。今回の映画『GOLD』は音楽による雰囲気作りがとても重要で、この声が欲しかったのです。皆様、ぜひ映画館でGLIM SPANKYのゴージャスな歌声にシビレてください!!」とコメント。2014年にメジャーデビューし活躍を続ける2人組が、新曲「怒りをくれよ」を本作のために書き下ろしたという。【Movie Walker】

最終更新:5月17日(火)8時0分

Movie Walker

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。