ここから本文です

SUPER JUNIOR キュヒョン ファンへの譲れない想いが溢れた神奈川公演/ライブレポート

エキサイトミュージック 5月17日(火)21時45分配信

 
■SUPER JUNIOR-KYUHYUN/【SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2016 ~Knick Knack~】ライブレポート
2016.05.10(TUE)at パシフィコ横浜 国立大ホール

【この記事の関連画像をもっと見る】

今、目の前にいるファンのために全力を傾けて……

SUPER JUNIORのメンバーとしては“初”となる日本でのソロ・ツアー【SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2016 ~Knick Knack~】を開催中のキュヒョン。日本での初ソロ作『Celebration~君に架ける橋~』の発売を5月25日(水)に控え、5月9日(月)、10日(火)の2日間、神奈川県パシフィコ横浜国立大ホールでの公演を行った。

ツアーも既に後半戦。MCでは「まだまだまだ~慣れてない」などと本人は言っているものの、完全にライブ全体の流れをつかんでいて、テンポよく進行して行く。日本語でのMCも「だいたい(毎公演)おなじMCをしていると感じてる方もいると思いますが、その通りです(笑)。でも、よく聞いていると微妙に違います」と言うように(笑)、毎回、その時々に感じたことも言葉にしてくれている。この日は、「昨日、喉の調子が悪くて悔しかったです。それで、反省の意味で髪型を新しくしました(笑)」と、髪型を変えたことを報告していた。客席と会話のやり取りをしたり、ファンのマネをしてみせたり、回を追うごとに面白くなってきている(笑)。MCもそうだが、一回、一回の公演を“こなす”のではなく、その一回、一回から次の新しい一回を生み出していることが、何度かこのツアーを訪れたことで伝わってきた。

とは言え、今回のツアーはキュヒョンにとって単なる“日本での初ツアー”と言うだけのものではない。SUPER JUNIORとして世界各地を巡ってツアーをしているものの、一人きりで2時間以上歌い続ける公演を数日続けて、さらに日を空けずにまた次の場所に移動して公演を行うというスケジュールは初めてのことだ。これまではライブはグループで行うことが主であったし、ワールドツアーだけに、移動も含めそれなりに日が空いて次の公演を行うことが常だった。さらに、乾燥するホテルでの暮らしも相まって、喉のコンディションを保つのに苦労しているという。そのため、この神奈川での公演でも何度か声を出すのが辛そうな場面も見受けられた。だが、それはMCのときが多く、基本的に腹式で発声している“歌”に関しては、安定した音程と声量、抜群の歌唱力で問題なくこなしていた。音域の幅が広く、間奏もほとんどない、歌い手としての技量が問われる曲でもある新曲「Celebration~君に架ける橋~」も、しっかりとその美しいメロディを観客に届けていたし、それよりも、本人が思う完璧な声の状態でないことで、観客への申し訳なさを抱えているせいか、1曲1曲に込める想いはこれまで以上に溢れていた。それは目に見える形でも表れていて、喉の調子がよくないのに、いつも以上に観客のリクエストに応えて長く歌を歌ったり、いつも以上にはしゃいで見せたり、長くMCをしたり……。ここで無理をしたらさらに辛くなるのに、それよりも今、目の前にいる観客を楽しませることにすべての力を注いでる姿に、尊敬というか、感動というか、心の底から「すごい人だな」と改めて思った。

「昨日と今日、横浜で公演をしたんですが、最初はこんなに大きな会場を僕がいっぱいにすることが出来るかどうか、とても心配していました。マネージャーさんは『ソウルドアウトしたよ』って言ったんですけど、信じられませんでした。実は、レコード会社の社員の皆さんが来るんじゃないかと。でも、ファンの皆さんの近くに行って見てみたら、そうではなかったようです(笑)。このツアーもあと名古屋と幕張を残すのみとなりました。今回のツアーで大勢のファンの皆さんが観に来てくださったので、これからもっと日本の活動をするための計画を立てることが出来るようになりました。もし、このツアーがうまく行かなかったら、事務所の方で僕を日本に来させないようにしていたと思います(笑)。なので、本当にありがとうございます!」

本ツアーは残すところ、5月26日(木)、27日(金)の名古屋公演と、ファイナルとなる6月4日(土)、5日(日)の千葉県幕張メッセイベントホールの4公演となっている。

また、エキサイトミュージックでは、キュヒョンの日本での活動をファンと共に“Celebration=お祝い”する企画『“Celebration”for SUPER JUNIOR-KYUHYUN』を実施中。

方法は、ユーザーが普段利用しているSNS(Twitter、インスタグラム)に、指定のハッシュタグ(#)と、指定の写真またはメッセージを投稿。ツアー企画では、キュヒョンがツアーで訪れる場所の名所や名産の写真を付けて、リリース企画では、指定日にメッセージを付ける。投稿の中から、Twitterはリツイート数、インスタグラムはいいね!の数が多かったものと、SUPER JUNIORのスタッフセレクトしたものをスペシャルサイトに掲載し、キュヒョン本人にもチェックしてもらう予定だ。(※あくまで予定のため、変更になる可能性あり)詳細はスペシャルサイトまで。

最終更新:5月18日(水)21時15分

エキサイトミュージック