ここから本文です

ペット診療で被災者元気に 宮大動物病院獣医師ら

宮崎日日新聞 5月17日(火)11時19分配信

 熊本地震でペットを飼っている被災者を支援しようと、宮崎大農学部付属動物病院(大澤健司病院長)の獣医師らが診療ボランティア活動に乗り出した。6月末まで週1回出向く予定で、同病院の鳥巣至道准教授は「飼い主にとっては家族同然。ペットのケアをすることで、被災者を元気づけたい」と話している。

宮崎日日新聞

最終更新:5月17日(火)11時19分

宮崎日日新聞