ここから本文です

耐震化助成相談相次ぐ 9市で4、5月に300件

宮崎日日新聞 5月17日(火)11時19分配信

 熊本地震の影響で、木造住宅の耐震助成制度への問い合わせが宮崎県内自治体に殺到している。県内9市では4、5月に約300件寄せられ、その大半は前震以降に集中。このうち、耐震診断への申し込みがすでに45件あり、市によっては例年の3倍に上っている。担当者は「東日本大震災直後よりも多く、決められた予算上限を超えそうだ」として対応を急いでいる。

宮崎日日新聞

最終更新:5月17日(火)11時19分

宮崎日日新聞