ここから本文です

「我慢」と「適材適所」 首位巨人の好調さの要因は高橋新監督の手腕にあり

Full-Count 5月17日(火)8時49分配信

4連勝で2位と2ゲーム差の首位、高橋監督の「我慢」は「素晴らしい」

 2年ぶりのセ・リーグ優勝を狙う巨人が好調だ。11日の阪神戦(甲子園)から4連勝。13日から本拠地・東京ドームでヤクルトを3タテし、2位中日と2ゲーム差の首位に立っている。14日の試合では4番ギャレットが7号3ランを含む3安打と活躍。15日は、開幕からやや苦しんでいた2年目右腕・高木が7回2失点の好投で3勝目(3敗)を挙げるなど、収穫もあった。

 2002~03年、06~15年と通算12年間にわたって巨人で指揮を執り、リーグ優勝7回、日本一3回と輝かしい実績を残した名将・原辰徳前監督が昨季限りで退任。41歳の高橋由伸監督が今季から指揮を執っているが、開幕前には今季の巨人について不安視する声も決して少なくなかった。ただ、現時点では強さを見せている。

 けが人も続出する中、巨人がなぜ結果を残せているのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は、高橋新監督の「我慢」が今の好成績につながっていると指摘する。

「高橋監督は非常に我慢している。4月には坂本が体調不良で先発出場できない時期がありました。本当なら『坂本がいたらなぁ』と、ちょっと無理させても出したいところ。無理すれば出られるくらいの状態だったと聞いているので。特に、新監督であれば勝ちたいでしょうし、使いたいはずです。キャプテンで3番でショートですから。でも、無理させて悪化してしまったら、その先、チームに与える影響が大きい。だったら我慢、ということだったのでしょう。そういう我慢をここまでは一生懸命している感じですよね。それは素晴らしいことだと思います」

現役時代にあらゆる経験をしている高橋監督、「適材適所は見分けやすい」

 坂本は下半身のコンディション不良を訴え、登録抹消こそされなかったものの、4月13日のヤクルト戦からは代打での起用が続いた。今季は開幕から打撃好調で、打率3割以上をキープ。その守備力も巨人には欠かせない。だが、高橋監督はクルーズをショートに回すなどして、坂本のコンデイション回復を優先した。同23日のDeNA戦で先発復帰した坂本は、その後も活躍を続けており、15日時点で打率.364と打率トップに立っている。

「ものすごく厳しい見方をすると、あの開幕直後の時期に坂本クラスの選手が下半身の調子が悪いと言って休むのは、調整失敗としか言いようがないと指摘する人もいるでしょう。それを本当によく我慢していると思います。亀井あたりもうまく休ませながら、適材適所で選手を使っている」

 野口氏はこう分析する。打線では阿部慎之助が出遅れた中で、新外国人のギャレットを4番に座らせ続けるなど、軸をしっかりと固定。長野の1番起用も当たっている。坂本だけでなくクルーズが抜ける時期もあったが、大きくバランスが崩れることはなかった。こういった起用法は、現役時代に様々な経験をしてきた高橋新監督ならではのものだという。

「ギャレットがいいか悪いかは別にして、4番を固定できたことは大きですよね。坂本、クルーズも万全ならば、クリーンアップを固定できる。でも、何と言っても高橋監督の最大の“ヒット”は『1番・長野』だと思います。ヨーイドンで1番に長野が出てくるのは、相手チームにとっては嫌。一発がありますからね。

 例えば、ビッグバン打線で1番を(田中)幸雄さんが打っていたのと同じ。あとは、阪神の真弓さんとか、今岡とか。高橋監督は現役時代に1番を打っているし、2番もある。クリーンアップも打っている。晩年は代打で控える経験もしている。打つ方はすべて自分で経験しているから、適材適所は見分けやすいのかもしれない」

1/2ページ

最終更新:5月17日(火)9時39分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。