ここから本文です

T.M.Revolution、“3年代”連続の首位 20周年記念盤で達成

MusicVoice 5月17日(火)14時44分配信

 西川貴教のソロプロジェクト・T.M.Revolution(T.M.R.)によるオールタイムベストアルバム『2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-』(5月11日発売)が発売初週に4万4000枚を売り上げ、23日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=5月9日―15日)で初登場1位を獲得した。

 T.M.R.のアルバム1位獲得は通算3作目で、2006年6月19日付において『1000000000000』(2006年6月発売)が獲得して以来9年11カ月ぶり。また今回で、1990年代(1998年2月2日付『triple joker』<1998年1月発売>)、2000年代(上記)、2010年代(今作)と、3つの年代でのアルバム1位獲得達成となった。

 デビュー20周年を迎えたT.M.R.の集大成となる今作では、1996年のデビュー曲「独裁-monopolize-」や自身の代名詞的シングル「HIGH PRESSURE」「WHITE BREATH」、水樹奈々とのコラボでも話題となった「Preserved Roses」まで惜しみなく収録。T.M.R.は13日より、今作を引っさげての全国ツアー『T.M.R. LIVE REVOLUTION’16 -Route 20-』をスタートさせた。

最終更新:5月17日(火)14時44分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。