ここから本文です

渋谷駅、色彩心理で安全向上へ JR東日本

乗りものニュース 5月17日(火)11時24分配信

ホームドア設置がまだ先の山手線渋谷駅

 JR東日本・東京支社は2016年5月16日(月)、安全対策として山手線の渋谷駅ホームに「CPライン」を導入すると発表しました。

「CP」は「Color Psychology(色彩心理)」の略。ホームの端にラインをひき、その色彩で利用者へ視覚的、心理的に危険性を訴えるもので、それによってホーム内側への歩行を促し、転落や列車との接触を防ぐことを目指すといいます。山手線への導入は今回が初めてです。

 導入されるのは、渋谷駅の1番線(山手線外回りホーム)と2番線(同・内回りホーム)。1番線は6月中旬から、2番線は7月上旬から、それぞれ使用開始の予定です。

 ホームでの安全対策としては現在、ホームドアの導入が各地で進んでおり、山手線でも全29駅のうち23駅で設置が完了しています。しかし、渋谷駅を含む残りの6駅は大規模改良工事を控えている関係で、その導入はまだ先になる見込みです。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月18日(水)10時25分

乗りものニュース