ここから本文です

【黒田有彩】全世界同時開催!宇宙×ハッカソン「NASA Space Apps Challenge 2016」に潜入

SENSORS 5月17日(火)19時30分配信

中学生の頃NASAを訪れたことをきっかけに宇宙の魅力に惹かれ、“宇宙のことを学ぶためには不可欠“な物理を学ぶべく、大学では理学部物理学科に進学。大学在学時から現在まで、“宇宙の魅力を発信する“という立場から活動。宇宙飛行士を目指すタレント・黒田有彩による連載がスタート。宇宙にまつわるエンターテインメント・テクノロジーを中心に、様々な角度から宇宙の魅力を伝えていく。今回は宇宙を題材にしたハッカソン「NASA Space Apps Challenge 2016」を取り上げる。

今回はまず、私がテクノロジーや「ハッカソン」に出会うまでを振り返ってみます。

きっかけは、3月の終わりから4月初めに放送された読売テレビ『ハッカテン』。
IoT(モノのインターネット化)などの最新テクノロジーの紹介や、ハッカソン形式で2チームが大阪の名所を舞台にした施策のプロトタイプを生み出す様子に密着した特別番組です。この番組で、私はインタビュアーやコメンテーターを務めさせていただきました。

実はハッカソンはもちろん、テクノロジーについても詳しくは無かったのですが、今の日本の最先端のテクノロジーを自分の目で見、教えていただき、レポートをする役割をいただいたのです。

まさに、百聞は一見に如かず。
どのレポート先でも無条件に楽しくて、指輪型ウェアラブルデバイス「OZON」や可変型ホームロボット「Tipron」など自分でも使いたくなってしまうプロダクトに出会うことが出来ました。 スマートフォンのアプリで制御できる電球「hue」やブロック型の電子タグ「MESH」などの気軽さにも目からうろこで、私はこの取材を通してIoTに関心を持つようになりました。

そして収録では、1ヶ月にもわたるハッカソンに密着。
みなさんそれぞれのお仕事がある中集まり、アイデアを出し合い、それを試行錯誤しながら形にしていく姿は、技術・アイデア・体力・精神力などの総合格闘技戦を見ているようでした。

収録後、番組内のハッカソンチームとして登場していた関治之さん(HackCamp代表)から「今度、黒田さんにピッタリのハッカソンがありますよ」と教えていただきました。
それは「NASA Space Apps Challenge 2016」という、宇宙を題材にしたハッカソン。『ハッカテン』を通して、さらにその世界を知りたくなったハッカソンと、私がもともと興味のある宇宙が、両方楽しめる機会。東京会場に私も足を運びました。

1/3ページ

最終更新:5月17日(火)19時30分

SENSORS