ここから本文です

[移籍]ウェストハム、アーセナルも狙っていた逸材をブンデスリーガから獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 5月17日(火)8時20分配信

念願のプレミアリーグ挑戦

ウェストハムがボルシア・メンヘングラッドバッハからフリーでノルウェー代表MFハルヴァルト・ノルトヴァイトを獲得した。クラブ公式サイトで発表している。

ノルトヴァイトはかつてアーセナルに所属しており、イングランドでの挑戦は2度目だ。そのため、古巣のアーセナルも獲得に乗り出していたが、より継続して動向を気にかけていたウェストハムへの移籍を決断したようだ。今回の再挑戦に関して、同選手は公式サイトでコメントを寄せている。

「プレミアリーグでプレイすることは僕にとって常に夢だった。それをついにウェストハムで叶えるチャンスを得た。開幕が待ちきれないよ。このチームは特別だし、チームのスピリットに僕は合うと思う。ハードワークしてチームで良い瞬間を迎えられるよう頑張りたい。僕は色々なポジションでプレイできる選手だけど、タックルやボールを散らすポジションをしたいね。とにかく楽しみだよ。ウェストハムを少しでも上にいかせられるよう助けられたらいいね」

ノルトヴァイトは7月1日から5年契約でチームに加入する。ブンデスリーガでは187試合に出場してきた実力者だけに新天地でもその活躍に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月17日(火)8時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。