ここから本文です

増えすぎた「緊急自動ブレーキ」の種類、低価格タイプは廃止すべき理由

オートックワン 5月17日(火)12時2分配信

日本で自動ブレーキが普及したきっかけはスバルの「EyeSight(アイサイト)」

最近の新車には、衝突不可避の状態に陥ると自動的にブレーキを作動してくれる「緊急自動ブレーキ」を装着できる車種が増えた。自動車にとって最大の欠点は「交通事故」だから、緊急自動ブレーキは積極的に普及させたい。

増えすぎた「緊急自動ブレーキ」の種類 [画像19枚]

過去を振り返ると、日本の自動車メーカーは安全意識が低かったと言わざるを得ない。例えば「ESC」などの横滑り防止装置は、国土交通省によって2010年に義務化が発表され、装着が本格化した経緯がある。

しかし緊急自動ブレーキの普及開始は、あくまで自発的である。トラックやバスについては義務化が決定して、現時点では装着すれば減税対象にもなるが(自動車取得税の減税は2017年3月31日/同重量税は2018年4月30日まで)、乗用車は義務化されずとも普及率が高まった。

緊急自動ブレーキの装着が促進された背景にあるのは、スバルの「EyeSight(アイサイト)」によるCM効果だろう。5代目レガシィが2010年に「EyeSight ver.2」を10万5,000円という低価格で設定し、「ぶつからないクルマ?」と銘打ってタレントなどを起用したテスト風景の映像をCMに使った。

これが切っ掛けになり、EyeSightに限らず緊急自動ブレーキが注目された。EyeSightは今ではver.3に進化している。そして軽自動車まで含め、すべてのメーカーが緊急自動ブレーキ装着車を用意するようになった。

注意したいのは、緊急自動ブレーキには複数の種類があることだ。大まかな内訳は以下のようになる。

(1)赤外線レーザー方式:

緊急自動ブレーキの作動速度は時速30kmが上限。検知できる対象は車両のみで、歩行者は基本的に見分けない。

路上の白線も検知できないから車線逸脱の警報機能もない。つまり簡易型だが価格は安く、軽自動車やコンパクトカーに多く使われる。

スズキ アルトは「レーダーブレーキサポート」を2万1,600円で用意している。

1/3ページ

最終更新:5月17日(火)17時33分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]