ここから本文です

じん帯断裂のマルキージオ、リハビリに遅れが生じて来季序盤戦欠場へ

theWORLD(ザ・ワールド) 5月17日(火)8時30分配信

全治6ヶ月

セリエA第33節パレルモ戦で負傷退場し、ひざのじん帯を断裂する大ケガを負っていたユヴェントスのクラウディオ・マルキージオは、来季序盤戦も欠場することとなりそうだ。

15日、ユヴェントスの公式サイトでマルキージオの治療状況が発表された。同サイトによると、マルキージオは手術には成功したものの、術後に膝の関節で炎症が見つかったため、リハビリの初期段階に遅れが生じた。現在は徐々に炎症も収まり、リハビリを継続しているようだが、医療スタッフは復帰までに6ヶ月は要すると見ている。

そのため、ユヴェントスが来季チャンピオンズリーグやリーグ戦を勝ち抜くためには、今夏の移籍市場でマルキージオの代役を探すことが重要となりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月17日(火)8時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。