ここから本文です

「アーセナルはタイトルのかかっていない試合に勝つエキスパート」元イングランド代表FWから厳しいご指摘

theWORLD(ザ・ワールド) 5月17日(火)8時50分配信

最終節で4-0と大勝

15日に行われたプレミアリーグ最終節でアストン・ヴィラを4-0で一蹴したアーセナルは、最後の最後にライバルのトッテナムを抜いて2位でフィニッシュした。この試合では不振に苦しんでいたFWオリヴィエ・ジルーがハットトリックを達成し、降格が決まっているアストン・ヴィラを寄せ付けなかった。

来季もこのパフォーマンスを続ければリーグ制覇も見えてくるはずだが、解説を務める元イングランド代表FWアラン・シアラー氏は最終節に意地を見せたアーセナルに厳しいコメントをしている。英『Daily Mirror』によると、シアラー氏はアーセナルの能力は高いと賞賛しながらも、タイトルがかかった重要な試合では何もできないと主張した。

「昨季も言ったように、アーセナルの選手たちの能力は高い。しかし、彼らには勇気や精神的な強さが欠けているんだ。彼らはエキスパートだよ。タイトルを失ってプレッシャーのかかっていない試合に勝利することに関してはね」

今季もアーセナルは優勝争いに絡んでいたが、後半戦に失速。この日ハットトリックを達成したジルーも後半戦はなかなか得点が奪えずに苦しむことになった。来季こそはと考えているサポーターも多いはずだが、アーセナルは来季こそシアラー氏の評価を覆す精神的な強さを見せる必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月17日(火)8時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。