ここから本文です

「国際ブッカー賞」に韓江氏、韓国人初 翻訳者と共同受賞

AFPBB News 5月17日(火)12時0分配信

(c)AFPBB News

【5月17日 AFP】権威ある英文学賞ブッカー賞の国際版で翻訳作品も対象とした「国際ブッカー賞(Man Booker International Prize)」の受賞者に16日、小説「菜食主義者(The Vegetarian)」を執筆した韓国人作家、韓江(Han Kang)氏(45)が選ばれた。韓国人で同賞を受賞したのは同氏が初めて。

 賞金5万ポンド(約790万円)が授与される同賞は今年、作者と翻訳者が初めて共同で受賞した。翻訳者のデボラ・スミス(Deborah Smith)氏(28)は、韓国語の勉強を始めてからわずか3年後に本書の翻訳を手掛けたという。

 韓氏は、韓国ですでに成功を収めている作家で作文教師。同賞を受賞したことで、海外での作品の販売部数が急増しそうだ。

 AFPの取材に応じた韓氏は、「とても光栄」と述べ、「人間性の闇の部分から自身を救うために、人間であることを捨て、植物になりたいと願う主人公」を描いたこの小説について、「この極端な物語を通じて、人間であるという難題を問いかけることができたと感じる」と語った。

 映像はロンドン(London)のヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で行われた授賞式での韓氏とスミス氏。(c)AFPBB News

最終更新:5月17日(火)12時0分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。