ここから本文です

東京オリンピック買収疑惑 渦中のコンサルの実績を中国陸連関係者が証言

BuzzFeed Japan 5月17日(火)20時56分配信

東京オリンピックを巡る買収疑惑の渦中にいる人物、イアン・タン氏。シンガポールに拠点がある「コンサルタント」だ。彼が経営していたブラックタイディングス社の口座に、東京オリンピック招致委員会から約2億3000万円の「コンサル料」が振り込まれた。BuzzFeed Newsは彼を知る中国陸連の関係者らに取材した。【山光瑛美、石戸諭 / BuzzFeed Japan】

中国陸連に太いパイプ?

JOC・竹田恒和会長は国会で、イアン・タン氏について「アジアや中東、陸上界に強い実績があるコンサルタント」と評した。一方で、彼が事務所としていたのはシンガポールの公営住宅で、実績がある国際的なコンサルのイメージとはかけ離れていた。

イアン・タン氏とは何者なのか。

竹田会長の国会答弁によると、イアン・タン氏は2015年8月22日に中国・北京で開幕した世界陸上の「招致コンサルタント」を務めていたという。

BuzzFeed Newsは、イアン・タン氏を知る中国陸連の関係者に電話で取材した。彼は匿名を条件に次のように証言した。

「イアン・タン氏は世界陸上の会場で、中国陸連の幹部らとともにいた」

ブラックタイディングス社は、2014年7月には閉鎖されていた。この時、彼はどのような肩書きで働いていたのか。

この中国陸連関係者は「北京にあるスポーツマーケティングを手がける会社に勤めていた」と話す。大会関係者と歓談し、行動を共にしていた彼らを見て「かなり親しいと思った」という。

「副会長との個人のつながり」

BuzzFeed Newsはシンガポールに本部を置くアジア陸上競技連盟(AAA)にも取材した。電話に出たスタッフは役職名やフルネームを明らかにすることは拒んだが、イアン・タン氏とAAAとの関係を問うと、短く質問に答えた。

「AAAが組織として、彼とともに仕事をした事実はない。彼は中国陸連の杜兆才副会長と個人のつながりで仕事をしており、AAAとの仕事はあったが、それも杜副会長との関係での仕事だ」

前出の中国陸連関係者も「詳しい話は杜副会長に聞かないとわからない」と話していた。BuzzFeed Newsは中国陸連に杜副会長への取材を申し込んだが、「1日ミーティングがあり、取材には応じられない」と断られた。

1/2ページ

最終更新:5月17日(火)23時32分

BuzzFeed Japan

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。