ここから本文です

エラーニが1回戦でプイグに敗退 [ストラスブール/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月17日(火)11時27分配信

 フランス・ストラスブールで開催されている「ストラスブール国際」(WTAインターナショナル/5月15~21日/賞金総額25万ドル/クレーコート)。

奈良くるみは1回戦で予選勝者のティヒマンに敗退 [ストラスブール国際]

 月曜日に行われた1回戦で、第1シードのサラ・エラーニ(イタリア)がモニカ・プイグ(プエルトリコ)に6-4 3-6 1-6で敗れて姿を消した。

 エラーニはこれで3大会続けての初戦敗退。2月のドバイの大会で優勝して以来の不調が続いている。今大会にはワイルドカード(主催者推薦枠)を申請しての出場で、全仏オープンを前に自信を回復しておきたいところだったが裏目に出た。

 エラーニは2012年の全仏オープンでは決勝に進出して、マリア・シャラポワ(ロシア)に敗退。そのほか、ベスト4に一度、ベスト8が2度ある。

 前年優勝のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)は第3シードとしての出場だ。1回戦では予選勝者のローレン・デービス(アメリカ)を6-3 7-5で下している。第8シードのティメア・バボス(ハンガリー)はオルガ・ゴボルツォバ(ベラルーシ)を6-4 6-1で下している。

 第2シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)とドナ・ベキッチ(クロアチア)の試合は日没のため順延となった。

 また、カロリーヌ・ガルシア、ワイルドカード出場のポリーヌ・パルモンティエ、ラッキールーザーのビルジニー・ラザノ(すべてフランス)の地元勢は1回戦を突破している。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:ROME, ITALY - MAY 09: Sara Errani of Italy reacts during her match against Heather Watson of Great Britain on Day Two of The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 09, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月18日(水)10時51分

THE TENNIS DAILY