ここから本文です

東京製鉄、6月契約異形棒のみ3000円上げ

日刊産業新聞 5月17日(火)12時1分配信

 東京製鉄は16日、2016年6月契約分の鋼材販売価格(店売り向け)に関して、異形棒鋼のみトン3000円値上げすると発表した。H形鋼やホットコイルなど、その他の主要品種は据え置いた。異形棒鋼は3カ月連続の値上げになり、累計上げ幅は1万2000円。今村清志・常務取締役営業本部長は、「海外の建材、鋼板ともに市況の上昇トレンドに変化はないものの、5月契約の全品種値上げ状況を踏まえ、市場に浸透した異形棒鋼のみ3000円値上げすることを決めた。その他品種に関してはもう少し時間を要するとみており、据え置いて浸透状況を見極めたい」とコメントした。

最終更新:5月17日(火)12時1分

日刊産業新聞