ここから本文です

ミランはコッパ・イタリアでユヴェントスを倒せるか 伊紙が挙げたミラン勝利の3つの理由

theWORLD(ザ・ワールド) 5月17日(火)16時7分配信

一発勝負のサプライズに期待

ホームで戦った14日のローマ戦に1-3で敗れたミランは、最悪の空気でリーグ戦を終えた。順位は7位と振るわず、昨季の10位から3つ順位を上げるだけにとどまった。しかし、彼らにはまだコッパ・イタリア決勝が残っている。相手は王者ユヴェントスだが、一発勝負ならサプライズを起こすことは可能だ。伊『Gazzetta dello Sport』もミランのサプライズに期待しており、ミランがコッパ・イタリアを制する理由を3つ紹介している。

最も期待されるのは、自動車事故が原因で負傷離脱していたFWエムバイェ・ニアングの復帰だ。ニアングとカルロス・バッカの2トップはシニシャ・ミハイロビッチ政権の柱となり、一時はトップ3入りも可能かと期待させるほどの破壊力を誇った。それは数字にも表れており、ニアングが出場した試合のチーム得点率は1・54なのに対し、ニアングが欠場した試合では0・9まで落ちている。ニアングはすでにトレーニングに復帰しており、ユヴェントス戦で復帰できる可能性がある。

2つ目の理由は、ユヴェントスの選手起用だ。ユヴェントスはコッパ・イタリアでは守護神ジャンルイジ・ブッフォンに代わってノルベルト・ネトを起用している。同メディアは決勝でもネトが起用されると予想しており、そのことも多少はミラン勝利の可能性を上げてくれるのではと期待している。

そして最後の理由はモチベーションだ。当然カップ戦の決勝ともなればモチベーションは両クラブとも最高潮のはずだが、同メディアは散々なシーズンを過ごしたミランが最後を良い形で終えようと燃えているはずとポジティブな期待をかけており、モチベーションではユヴェントスを上回っているとの予想だ。この試合に勝ってヨーロッパリーグ出場権を獲得すれば今季のイメージは大きく変わることになり、コッパ・イタリアを制して得るものが大きいのはミランの方だ。

果たしてミランは同メディアの期待通りサプライズを起こすことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月17日(火)16時7分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]