ここから本文です

ロナウドやロナウジーニョ、ロマーリオよりも上……ブラジルサッカー史上“最も成功した”優勝請負人は日本で王様ペレを超えていた

theWORLD(ザ・ワールド) 5月17日(火)20時10分配信

勝利への貪欲さが生んだ結果か

彼にとっては、トロフィーを掲げることなど日常茶飯事なのかもしれない。これまで手にしてきた無数の冠が、勝利にまみれた彼の美しいキャリアを物語っている。

スペインの名門バルセロナでプレイするブラジル代表DFダニエウ・アウベスは、14日のグラナダ戦で勝利を収めたことで自身31度目となる“優勝”を達成。これは、ブラジル代表でのU-20ワールドカップやコンフェデレーションズ杯を含む4つのトロフィー、そしてセビージャ在籍時代(5つのタイトルを獲得)とバルセロナにおける22個ものタイトルをすべて合算したものである。なおスペイン『SPORT』によるとフットボール史上において、このブラジル人DFよりも多くのトロフィーを獲得したのは元ウェールズ代表ライアン・ギグス(36個)と、元ポルトガル代表ヴィトール・バイーア(35個)の2人だけとなっている。

今年でプロキャリア15年目を数えるアウベスは、2008年に同じスペインのセビージャからバルセロナへ移籍。持ち前の闘争心と創造性豊かな攻撃センスでバルサのポゼッションサッカーに多大な貢献を果たしてきた。また同選手は昨年末に日本で開催されたクラブワールドカップを制した時点で、元ブラジル代表ペレ氏の持つ30というタイトル記録を更新。つまりアウベスはブラジルサッカー史上最も多くのトロフィーを獲得した選手ということになる。ロマーリオやロナウド、そしてロナウジーニョといったファンタジスタを多く輩出してきたサッカー王国だが、最も多くのタイトルに恵まれ、成功を収めたのは意外にも小柄な右サイドバックだった。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月17日(火)20時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報