ここから本文です

“66年に1人の逸材”加入でジエゴ・コスタは追い出される? 「シメオネが欲しいのは3人」「ジエゴとコスタ、そしてジエゴ・コスタだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月17日(火)21時10分配信

プレミアに新たな刺客が参戦か

ゴンサロ・イグアインにとって、ゴールを量産することなどほんの些細なことだ。今この天才ストライカーを悩ませているのは、“どのチーム”のために得点を量産するか、だ。ナポリで輝きを放つアルゼンチン人FWが、今夏に大きな決断を下すことになるかもしれない。

2013年にスペインの名門レアル・マドリードからナポリへやってきたイグアインは、その鋭い得点嗅覚と突出した決定力で絶対的なエースへと君臨。今季はセリエA35試合に出場し36得点を挙げ、66年ぶりに同リーグのシーズン記録を塗り替えてみせた。キャリア絶頂期にあるこの点取り屋に対しては、かねてよりバイエルン・ミュンヘンやチェルシーといった強豪が関心を示しているが、スポーツメディア『bleacher report』によるとイグアインは後者の青いチームへ移籍することを真剣に考慮しているという。同メディアがスペインサッカーに精通するギジェモ・バラグ氏のコメントを伝えている。

「イグアインはチェルシーのターゲットだ。おそらく4800万ユーロほどの移籍金になるだろう。彼は真剣にチェルシー移籍を検討しているし、もしも実際にスタンフォード・ブリッジに加入した場合、ジエゴ・コスタは売却される可能性が高まるだろうね」

もちろんこの屈強なスペイン代表FWを強く求める監督は、すでにいるようだ。

「アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネが求める選手はたったの3人だ。ジエゴとコスタ、それからジエゴ・コスタさ。しかしそれにはコスタが減俸を受け入れる必要があるだろう」

たしかにシメオネの求める“3人のFW”は、アトレティコ・マドリードにおいて美しい日々を過ごしていた。しかしその思惑が実現するかどうかは、セリエA屈指のアルゼンチン人が下す決断に大きく左右されることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月17日(火)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報