ここから本文です

チェルシーに忍び寄る“ビッグレボリューション”とは? ラニエリ「コンテの注意力は異常」「食生活なども管理したがるだろう」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月17日(火)22時30分配信

徹底的な管理を望む?

選手たちはその警告に耳を傾ける必要がありそうだ。レスターを率いるイタリア人監督クラウディオ・ラニエリが、来季よりチェルシーに就任する現イタリア代表指揮官アントニオ・コンテの“厳しさ”について言及している。

今季のプレミアリーグでは低調なパフォーマンスに終わり、スランプが続いているチェルシー。今夏には大胆なチーム改革を検討しており、新政権のボスとしてコンテ“軍曹”の招聘をすでに発表済みだが、このイタリア人の到来についてラニエリは次のように言及している。英『THE Sun』が同監督のコメントを伝えた。

「私はコンテのチェルシー革命に期待しているよ。彼はとてもタフな男で、すべてを思い通りに進めたがる。彼がチェルシーで適合するのはとてもハードだと思う。なぜならある程度の革命を必要とするだろうからね。コンテがどんな風にチームをやり繰りしていきたいのかが鍵になるよ。彼はヒディンクとは違う。大きな変化、“ビッグレボリューション”が到来することになるね。おそらくあらゆる面での管理を望むだろう。彼のディテールへの注意力は異常なものだよ。食生活やその他のあらゆる詳細にまで、彼はすべてを管理したがる」

チェルシーの選手たちは心の準備ができているだろうか。ラニエリいわく、“ビッグレボリューション”が到来することになるようだが。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月17日(火)22時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。